革裁ち包丁は必要なのか 補足 - 白桃花靴店

道具の話 靴作りに想うこと

革裁ち包丁は必要なのか 補足

投稿日:2019年9月16日 更新日:

ミシンがあれば靴を家で作れると思って、買うけれど・・・。
革漉き機を置くスペースがないので、貸し作業場とか、教室に通い続けるとか、そうなる展開多いです。

革漉き機ですが、なくても靴作れます。
自分が作る場合は、革を漉く作業がある靴で作っていても革漉き機を使いません。
全てを手で漉きます。
漉き機設定する時間があれば、漉き終わっているので手で漉いてしまうとき多い。

そういうわけで、どなたでもミシンがあれば作れるようになります。
革漉き機の目的は、量産するから必要であって少量ならいらないわけです。
そうなると、無駄に通う必要もないし、そのお金で革買えるし、靴作れるし好循環です。
漉き機を置く場所もいらないし。

革包丁さえあれば、革漉きは必要なし。
作った見本は、ユーチューブで見てください。
ミシン以外、機械は使ってません。

手での革漉きですが「基礎力」となるものです。
革包丁をしっかり切れるように砥げること。
革の厚みに応じて一定厚の一定傾斜で漉けること。
これは、靴作るうえでの基礎力となります。

どうしても製法だとか、革底だとか、どこどこの革だとか気になりますが、こっちが大事なことです。
「手段や選択」ではなく、基礎が大事です。

そうなると、革漉き機持っていれば、手の必要はないのかとなりますが「手でやる必要がある」のです。
漉き機が入らない場所があるためです。

手での革漉き練習ですが、「良い見本を見る」と「自主練習」を繰り返すことで精度が上がります。
「良い見本」がないと、自分の悪さに気付けない。
「自主練習」がないと、見本の良さに気付けない。
どちらも必要です。

私は、私の先生の見本によって上達したので、腕と目に焼き付けているつもりです。
自分の先生の手漉きを伝えるつもりで説明しています。

ちなみに、手漉きができない人はどんな作業にも影響するか。
・中底作り
・踵芯作り
・先芯作り
・豚裏を使うこと
・折り込みの厚み
・製品の美しさ
このへんに影響してくると思います。

ミシン買って、手漉きができたら「家で靴作れる」ので できるまで向き合ってください。

-道具の話, 靴作りに想うこと
-,

関連記事

釣り込みについて

靴木型に革を寄り添わせる行為を「釣り込み」と呼びます。 市販品の靴は、特殊機械で釣り込んで作られます。 当店は、手釣り込みで作っていきます。 釣り込み作業に至るまでの工程から書いていきたいと思います。 …

靴の道具 包丁とワニの話

靴作りで使う道具は、全て加工することを前提に作られています。 Aさんの使い方に合わせて加工する。 Bさんの使い方に合わせて加工する。 これが前提としてあるので、少し余力というか、多めに肉付けられていま …

最近思ったこと

学んでいたころ。 私の先生は、 ○○さんの方が魅せる靴作るよ とか。 ○○さんの方が職人だよ とか。 ときどき教えてくれてました。 そんなこと言われたら、それは見たくなる。 すぐ行く。 結果、俺はそん …

靴を見るということ

靴を見るのに、これまで見てきた市販品が基準としてあるはず。 この靴はいいなぁ。 この靴かっこういいなぁ。 左右の靴を並べて見て、いいなぁと思う。 作る側は、そういう見方が薄まってきます。 手で作ると、 …

手作りという言葉

「手作り」というと、心がこもっている。 作り手の思いが入っている。 そんな印象だと思います。 反対に、市販品は、「手作り品」ではなく「製品」のような印象になると思います。 私の思いですが、 日本製の市 …