靴の道具の話 ワニについて - 白桃花靴店

道具の話 靴作りに想うこと

靴の道具の話 ワニについて

投稿日:

靴作りの道具について。

道具を作る職人さんも引退される方が多くなり、
最近では、ずっと使っていた包丁も手に入らなくなって、とても困っているところです。

そのなかでも、ワニと呼ばれる革を引く道具は、数年前から国産を購入することはできなくなっていて、
いまは、外国産(英、伊、台湾、中国)の品揃えになっています。

生徒さんへ使い勝手を説明する必要もあり、
英国、台湾、中国は、購入して使ってみました。
どれを使っても、きちんと作れました。
何も問題ありません。

道具の話を書いたので、靴教室の先生として思っていること。
道具が良くなければ、意図したとおりに作ることができません。
道具はとても大切なものです。

その道具。
磨いてばかりで 腕を磨かないのはダメで。
中古の国産を手にいれたことで、腕が上がる訳でもありません。
道具磨くなら腕磨け。
国産国産とこだわらず、腕磨け と思っています。

そして、ワニを選ぶお勧めですが。
手の小さい人は、材料屋オリジナルを削って加工すると持ちやすいと思います。
手が大きい人は、どれでも使えると思いますが仕立て加工は要します。

靴作りの道具は、加工すること前提で作られているため、
生徒さんがワニを購入してきたときは、使えるように加工から指導が始まります。
そして、持ち方、構え方と至ります。

ワニの良い見本を見て手に合わせた加工をすることで、使いやすいワニになると思います。

作れないうちは、道具の性能にこだわりがちだし。
国産のワニだと良い仕事するような気になるでしょうが。
外国産でも何も問題もありませんし。

一番大事なことは、構え方、持ち方、望ましい使い方ですよ。
これがあって、道具が活きるのです。

-道具の話, 靴作りに想うこと
-, ,

関連記事

拝みモカ ローファー

冷え性と靴について その3

冷え性の方の足は・・・ リウマチによる強い変形 ひどい外反拇趾 くるぶしが低く、履き口に当たってしまう むくみが強い むくみやすい 静脈瘤がある 足首がパンパンにむくんでいる こんな足の方が多いと感じ …

拝みモカ ローファー

冷え性と靴について その1

靴探しに困っている女性の多くは 冷え性 を慢性的に抱えていると思うときあります。 この冷え性について 私が学んできたことを書きます。 医者じゃないので、参考情報として読んでほしいのですが きちんと書き …

釣り込みについて

靴木型に革を寄り添わせる行為を「釣り込み」と呼びます。 市販品の靴は、特殊機械で釣り込んで作られます。 当店は、手釣り込みで作っていきます。 釣り込み作業に至るまでの工程から書いていきたいと思います。 …

革裁ち包丁は必要なのか 補足

ミシンがあれば靴を家で作れると思って、買うけれど・・・。 革漉き機を置くスペースがないので、貸し作業場とか、教室に通い続けるとか、そうなる展開多いです。 革漉き機ですが、なくても靴作れます。 自分が作 …

革裁ち包丁は必要なのか

革包丁って、工場で作る場合は必ずしも必要ではないかもしれません。 すぐに組み立てていけるように、最初から合わせて設計されているので、 必要ではないのかもしれません。 私のような極小規模の作り手になると …