鳩目の話 - 白桃花靴店

靴作りに想うこと

鳩目の話

投稿日:2020年1月31日 更新日:

靴作り注意点

紐穴の金属を鳩目と呼びます。
そして、表面には鳩目が見えず、裏側に金属があるものを裏鳩目と呼びます。

その「裏鳩目」
裏鳩目があるから作りが良いとか、無いから悪いとか。
そんな見方もあるんだなと驚いたので書きます。

今どきは、裏鳩目はベロに金属が擦れて傷がつくとか、外れてしまうとかあって、あまり使われなくなったと捉えていました。

鳩目もなく、裏鳩目もない靴は、表革と裏革の間に、強度を上げる芯を挟んでいます。
裏鳩目が見えないからと言って使用上問題ありません。
強度確保されています。

靴は、酷使される道具です。
強度確保には、作り手それぞれが良いと思った選択をしていますので、そういうところでは靴の良し悪しは出ていないと思います。

どこの情報が、作れない方にそういう情報を信じさせているのか分かりませんが。
「作りの甘さ・悪さ」は、技術の組み合わせにより強度を上げられない場合に表面化するものだと捉えています。

裏鳩目の採用も、芯の採用も、どちらも望ましい選択です。

-靴作りに想うこと
-

関連記事

心に留めていること

靴作りを伝える者なので、「先生これでいいですか?」と聞かれます。 そのことについて、心に留めていることを書きます。 私の教室では、当然ながら「私のやり方」を伝えています。 これでいいか悪いのか、当たり …

自分の木型 作りたくなること

靴学び始めると、自分で削った木型で作ってみたい。 そんな思いが発生する。 木型を開発するのに、 丸太から削り出す人 ベース木型から削り出す人 がいると思います。 多くは、ベース木型から始めると思います …

木型の話

靴は、靴の形をした木型に革を寄り添わせて作っていきます。 その木型は、踵の高さによって形状が変化していき、踵の高いものは「ハイヒール」。低いものは、「ローヒール、バレエシューズ」など呼ばれます。 ヒー …

踵の深さ、ヒールの高さを左右合わせる話

  靴は、正面から見て「この靴いいな」と評価するのですが。 手作り靴の技術は、踵側から見ることで表面化します。 靴は、木型に革を巻き付けて作ることから、木型の形になってしまいます。 木型があ …

釣り込みについて

靴木型に革を寄り添わせる行為を「釣り込み」と呼びます。 市販品の靴は、特殊機械で釣り込んで作られます。 当店は、手釣り込みで作っていきます。 釣り込み作業に至るまでの工程から書いていきたいと思います。 …