最近思ったこと - 白桃花靴店

靴作りに想うこと

最近思ったこと

投稿日:2019年9月17日 更新日:

学んでいたころ。

私の先生は、
○○さんの方が魅せる靴作るよ とか。
○○さんの方が職人だよ とか。
ときどき教えてくれてました。

そんなこと言われたら、それは見たくなる。
すぐ行く。
結果、俺はそんなこと思わない。
謙遜すぎと思う。
(先生は、銀座の路面店の入り口ショーウインドーの靴作っていた)

最近も思った。
俺の先生、世界中の生きている靴職人のなかで一番上手い。
「靴」としての土台が、ものすごいんだなと改めて知る。

学んでいたころ、よく「靴を作っているんだからね」と教えられました。
靴に見えるものじゃなくて、「靴」は、本当に難しい。
いまもよく思う。

靴作っているんだから、「靴作っているんだからね」なんて、不思議な指導かもしれないけれど。
先生は、よく飽きずに何度も教えてくれたと思った。
よく飽きずに、何度も見本を見せてくれたと思った。
先生の凄さに改めて触れると、本当にありがたい思いになる。

先生は、魅せることも、足に合わせることもできる職人で。
でも、俺は、魅せることに関しては興味がなくて、まあまあくらいで。
だけど、足に合わせることに関しては誰にも負けない思いで作る。

いまから10年たったとき、先生の半分にはなりたい。
「靴」としての土台を、高めていきたい。

-靴作りに想うこと
-

関連記事

心に留めていること

靴作りを伝える者なので、「先生これでいいですか?」と聞かれます。 そのことについて、心に留めていることを書きます。 私の教室では、当然ながら「私のやり方」を伝えています。 これでいいか悪いのか、当たり …

靴を見るということ

靴を見るのに、これまで見てきた市販品が基準としてあるはず。 この靴はいいなぁ。 この靴かっこういいなぁ。 左右の靴を並べて見て、いいなぁと思う。 作る側は、そういう見方が薄まってきます。 手で作ると、 …

パンプスの難しさ

靴を考えたとき、構造体としてはパンプスがパーツ数も少なく構造も簡単です。 ですが、足に合わせるとなると、最も難しいのがパンプスです。 パンプスの特徴として、紐がない。 紐が無いと言うことは、甲を押さえ …

プロコースを指導するということ

職人とは、寡黙で気難しくて怒りっぽい。 口答えすると、何も教えてもらえなくなる。 黙々と作業をし、師が口にする言葉を一言も漏らさないよう緊張感を持って学ぶ。 はっきりと主従関係がある徒弟制度のなか、盗 …

足の測定に関して

生徒さんより、足の測定について改めて勉強したいと言われたので。 どこを測定すればいいか。どう測定すればいいか。 と聞かれる。 逆に聞く。 「どんな情報があれば靴を作れると思うのか」と私に聞かれる。 答 …