最近思ったこと - 白桃花靴店

靴作りに想うこと

最近思ったこと

投稿日:2019年9月17日 更新日:

学んでいたころ。

私の先生は、
○○さんの方が魅せる靴作るよ とか。
○○さんの方が職人だよ とか。
ときどき教えてくれてました。

そんなこと言われたら、それは見たくなる。
すぐ行く。
結果、俺はそんなこと思わない。
謙遜すぎと思う。
(先生は、銀座の路面店の入り口ショーウインドーの靴作っていた)

最近も思った。
俺の先生、世界中の生きている靴職人のなかで一番上手い。
「靴」としての土台が、ものすごいんだなと改めて知る。

学んでいたころ、よく「靴を作っているんだからね」と教えられました。
靴に見えるものじゃなくて、「靴」は、本当に難しい。
いまもよく思う。

靴作っているんだから、「靴作っているんだからね」なんて、不思議な指導かもしれないけれど。
先生は、よく飽きずに何度も教えてくれたと思った。
よく飽きずに、何度も見本を見せてくれたと思った。
先生の凄さに改めて触れると、本当にありがたい思いになる。

先生は、魅せることも、足に合わせることもできる職人で。
でも、俺は、魅せることに関しては興味がなくて、まあまあくらいで。
だけど、足に合わせることに関しては誰にも負けない思いで作る。

いまから10年たったとき、先生の半分にはなりたい。
「靴」としての土台を、高めていきたい。

-靴作りに想うこと
-

関連記事

革裁ち包丁は必要なのか 補足

ミシンがあれば靴を家で作れると思って、買うけれど・・・。 革漉き機を置くスペースがないので、貸し作業場とか、教室に通い続けるとか、そうなる展開多いです。 革漉き機ですが、なくても靴作れます。 自分が作 …

釣り込みについて

靴木型に革を寄り添わせる行為を「釣り込み」と呼びます。 市販品の靴は、特殊機械で釣り込んで作られます。 当店は、手釣り込みで作っていきます。 釣り込み作業に至るまでの工程から書いていきたいと思います。 …

プロコースを指導するということ

職人とは、寡黙で気難しくて怒りっぽい。 口答えすると、何も教えてもらえなくなる。 黙々と作業をし、師が口にする言葉を一言も漏らさないよう緊張感を持って学ぶ。 はっきりと主従関係がある徒弟制度のなか、盗 …

拝みモカ ローファー

冷え性と靴について その2

冷え性対策って 具体的に何するか。 寝る1時間前の軽いストレッチで、大きく改善すると思います。 ◆左右5回ずつ 2セット 立って、壁に手をかけて。 直立 → 軽く屈伸 → 両足でつま先立ち → 直立  …

木型の話

靴は、靴の形をした木型に革を寄り添わせて作っていきます。 その木型は、踵の高さによって形状が変化していき、踵の高いものは「ハイヒール」。低いものは、「ローヒール、バレエシューズ」など呼ばれます。 ヒー …