靴の製法に関して - 白桃花靴店

靴作りに想うこと

靴の製法に関して

投稿日:2019年9月20日 更新日:

靴教室で作ることができる製法を書いてみたいと思います。
主には、以下の3つの製法で作っていきます。

セメント製法は、接着剤で靴底を貼り付けたもの。
パンプス、紐靴、なんでも作れます。

マッケイ製法は、中敷きの下にある「中底」と「靴底」を共縫いした製法。
パンプス、紐靴、なんでも作れます。

ハンドソーンウエルテッド製法は、「中底」と「ウエルト(細革)」を共縫いし、「ウエルト」と「靴底」を共縫いした製法。
二回縫うことから、複式縫いとも呼ばれます。
紐靴でしか作らない製法です。

ステッチダウン、ノルウェー、ボロネーゼ製法などもありますが割愛します。
これらも教室では作れます。

メリットとしては、
セメント製法は、接着剤にて取り付けるため、工程の簡素化が図られます。
大量生産向きであるため、市販品の殆どがこの製法と言えます。

マッケイ製法は、軽くしなやかな履き心地になるため4万円以上の紳士靴などに見受けられます。

ハンドソーンウエルテッド製法は、市販品では殆ど無く、注文靴が殆どではないでしょうか。

ハンドソーンウエルテッド製法のメリットである「靴底を交換できる」を大量生産品でも行えるようにしたものがグッドイヤーウエルテッド製法となります。

よく、製法ありきで作ろうとする方がいますが、製法は手段です。
使う方の履き方、履く場面、体調、いろいろなことを踏まえて製法を選択するものです。
それは、硬い革を使うのか、柔らかい革を使うのか。
厚い靴底にするのか、薄するのか。
資材選択と同じように考えるべきです。

セメント製法には、その製法なりの難しさがあります。
ハンドソーンウエルテッド製法には、その製法なりの難しさがあります。

高齢者には、高齢者向けの足当たりの優しい製法 と 資材選定。
ドレスシューズには、ドレス感を上げる製法 と 資材選定。
足の悪い人には、痛くなりにくい製法 と 資材選定。

履きやすい靴、歩きやすい靴を作るためには、製法ありきではなく、選択できる技量を持つことが大切ではないでしょうか。

 

-靴作りに想うこと
-,

関連記事

拝みモカ ローファー

冷え性と靴について その1

靴探しに困っている女性の多くは 冷え性 を慢性的に抱えていると思うときあります。 この冷え性について 私が学んできたことを書きます。 医者じゃないので、参考情報として読んでほしいのですが きちんと書き …

木型の話

靴は、靴の形をした木型に革を寄り添わせて作っていきます。 その木型は、踵の高さによって形状が変化していき、踵の高いものは「ハイヒール」。低いものは、「ローヒール、バレエシューズ」など呼ばれます。 ヒー …

釣り込みについて

靴木型に革を寄り添わせる行為を「釣り込み」と呼びます。 市販品の靴は、特殊機械で釣り込んで作られます。 当店は、手釣り込みで作っていきます。 釣り込み作業に至るまでの工程から書いていきたいと思います。 …

プロコースを指導するということ

職人とは、寡黙で気難しくて怒りっぽい。 口答えすると、何も教えてもらえなくなる。 黙々と作業をし、師が口にする言葉を一言も漏らさないよう緊張感を持って学ぶ。 はっきりと主従関係がある徒弟制度のなか、盗 …

靴作り注意点

鳩目の話

紐穴の金属を鳩目と呼びます。 そして、表面には鳩目が見えず、裏側に金属があるものを裏鳩目と呼びます。 その「裏鳩目」 裏鳩目があるから作りが良いとか、無いから悪いとか。 そんな見方もあるんだなと驚いた …