靴を見るということ - 白桃花靴店

靴作りに想うこと

靴を見るということ

投稿日:2019年9月20日 更新日:

靴を見るのに、これまで見てきた市販品が基準としてあるはず。
この靴はいいなぁ。
この靴かっこういいなぁ。
左右の靴を並べて見て、いいなぁと思う。

作る側は、そういう見方が薄まってきます。
手で作ると、精度が悪くなることを理解し始めるからです。
左右に並べると ??? となりやすい。

踵について。
踵はヒール部、その上に革の部分が載っています。
ヒール部をA
その上の革をB
AとBを足すとCになる。
それが、靴の履き口の高さになります。

市販品は、まずまず同じでしょう。
ですが、手作りになると すぐにぐずる。

靴は、右と左で一組です。
右と左が同じ履き口の高さであることが必要です。
左足のA 右足のAは同じ高さか。
左足のB 右足のBは同じ高さか。
左足のC 右足のCは同じ高さか。
後ろからみたら一目瞭然。

踵の深さが違うと、踵の脱げやすさ、履き心地に影響します。
同様に、内くるぶし、外くるぶしの高さも見ます。
左右の靴が同じか。

ブーツの筒の長さも同じ。
左右の靴が同じか。

パンプスであれば、えぐりまでの深さ。
片方はつま先から4cm。
片方はつま先から4.3cm。
そんなことがすぐおきます。

ストレートチップも同じ。
そういう見方をします。

靴作りしていない人は、勝手に同じだと思っていますが、ぐずりやすいのです。
何が原因かと言えば、釣り込み、注意力、そして、もう一つ。
履き口の高さは、1mm違うだけでサイズが変わってくるものです。
踵の深さが2mm違ったら、一気に抜けやすくなります。

パンプスのえぐり深さが違うと、違う顔の靴に見えてしまう。
違う顔になるだけじゃなく、履き心地も違う、履きやすさも違う。

靴作りを学んでいる方は、注意して作りましょう。

-靴作りに想うこと
-,

関連記事

心に留めていること

靴作りを伝える者なので、「先生これでいいですか?」と聞かれます。 そのことについて、心に留めていることを書きます。 私の教室では、当然ながら「私のやり方」を伝えています。 これでいいか悪いのか、当たり …

足の測定に関して

生徒さんより、足の測定について改めて勉強したいと言われたので。 どこを測定すればいいか。どう測定すればいいか。 と聞かれる。 逆に聞く。 「どんな情報があれば靴を作れると思うのか」と私に聞かれる。 答 …

自分の木型 作りたくなること

靴学び始めると、自分で削った木型で作ってみたい。 そんな思いが発生する。 木型を開発するのに、 丸太から削り出す人 ベース木型から削り出す人 がいると思います。 多くは、ベース木型から始めると思います …

プロコース 技術の伝達

プロコース 技術の伝達について。 師から自分、そして次と繋ぐに当たり。 より濃度を濃くして渡していくものだと思っています。 自分の先生の技術を劣化させないことは約束事で。 そのうえで、自分の色を載せて …

靴の道具の話 ワニについて

靴作りの道具について。 道具を作る職人さんも引退される方が多くなり、 最近では、ずっと使っていた包丁も手に入らなくなって、とても困っているところです。 そのなかでも、ワニと呼ばれる革を引く道具は、数年 …