プロコース 技術の伝達 - 白桃花靴店

靴作りに想うこと 靴教室

プロコース 技術の伝達

投稿日:2022年2月18日 更新日:

プロコース 技術の伝達について。

師から自分、そして次と繋ぐに当たり。
より濃度を濃くして渡していくものだと思っています。

自分の先生の技術を劣化させないことは約束事で。
そのうえで、自分の色を載せて渡すものだと思う。

階層が増えるほどに、伝達量と伝達内容が劣化したコピーになるのは避けたい。
劣化すると、靴を靴として作れない「見た目が靴」になると思ってる。

私が次に繋ぐ人に「思いやりのある人 信用できる人」を求めるのは、技術を劣化させない人と思えるから。
劣化した技術を伝えたら、それを見本にしたら。
それが上限になって さらに劣化していく。
何世代か後には、まるで違う形になる。

私が伝える人は、ラオウでも、トキでも、ケンシロウでもいい。
みんな技を向上させようとしてるから。

避けたいのは、中途半端な「手順覚えただけ」で語る人 を生み出したくない。

簡単に妥協して 見せかけ作ったり、分かった口きいたり。
少しの経験で「手順覚えたから 職人でしょ」を生み出したくない。

この教室は、高額な教室より 劣っていると思われるかもしれないけど、ものすごく技術志向。

改めて学び直してる人達はみな驚く。

良い見本に触れることができなければ、「良し」を知ることができない。
同じ道具、同じ作業で、まるで違う結果を見なければ、「下手」を知ることができない。
同じ作業を、まるで違う速度で処理されなければ「向き合う量不足」を知ることができない。

良い見本があることで、「向き合い続ければ 必ずできるようになる」と自分を信じていける。

私と一緒にいても、2年くらいで「先生と同じようなの作れた」とは思うことは無いだろうし。
私に習って、数年で「俺できる」とは、思わないだろう。
私と同じくらいできた と思ったら開業するんだろうけど、思えないんじゃないかな。

技術 と 手順 は違う。
手順覚えたから 技術も覚えたは 違う。
中途半端な靴作りにならないよう、学ぶ期間を定めたくない。

背水の陣は、やってはいけない。
いまを捨てて飛び込むのも駄目。
何か得るために、何か捨てる なんて、ゆっくり始めてから考えて遅くない。

何も知らない世界なのだから。
少しずつ知って、少しずつ 深く学んでいくことが大事。

野球選手になった少年は、最初は楽しくて始めただけで。
楽しいから、続けていただけで。

そのうち、みんなから上手と言われて。
そのうち、選抜されるようになって。
そのうち、もしかして野球選手になれるかもと思って。
気付いたら、頑張っているんじゃないのかな。

みんなが遊んでいるときも、練習するのは 頑張ればできると思えたから。

何か得るために何か捨てる なんて気持ちで野球初めてない。
楽しい気持ちを知るのに、背水の陣 関係ない。

一般的に捉えられることに当てはめて考えてほしい。

-靴作りに想うこと, 靴教室

関連記事

東京靴教室 外羽根 厚底 ピカ

学費、材料費込み 11,000円/月2回通学 当教室は、靴教室業界で、高コストパフォーマンス。 料金プランは、業界最安値 + 革靴製造一級技能×2種 の技術評価 学びやすい価格と良い靴を作れる安心感。 …

自分の木型 作りたくなること

靴学び始めると、自分で削った木型で作ってみたい。 そんな思いが発生する。 木型を開発するのに、 丸太から削り出す人 ベース木型から削り出す人 がいると思います。 多くは、ベース木型から始めると思います …

東京の靴教室 チャッカブーツ 茶色

学費、材料費込み 11,000円/月2回通学 料金プランは、業界最安値 + 革靴製造一級技能×2種 の技術評価。 料金と評価で、コスパ最強。 良い靴作れる安心感 !! ★ ただいま 生徒さん募集中です …

靴の製法に関して

靴教室で作ることができる製法を書いてみたいと思います。 主には、以下の3つの製法で作っていきます。 セメント製法は、接着剤で靴底を貼り付けたもの。 パンプス、紐靴、なんでも作れます。 マッケイ製法は、 …

靴職人になりたいと思っている人へ

自分の学んでいたころの話。 靴作りを覚えたいのに、一足作った段階で「一足作るのに、これくらい時間がかかった。しかもよく分からない。」が分かった。 そうなると、自習、自分なりの考察を深めなければ、自分の …