心に留めていること - 白桃花靴店

靴作りに想うこと

心に留めていること

投稿日:2019年9月16日 更新日:

靴作りを伝える者なので、「先生これでいいですか?」と聞かれます。
そのことについて、心に留めていることを書きます。

私の教室では、当然ながら「私のやり方」を伝えています。
これでいいか悪いのか、当たり前ですが回答します。

そのうえで、仮に他のやり方、他の人が教える内容と違った場合。
それは誤っているのかと言えばそうではありません。
靴を作るための作業手法、作業手順は、その人それぞれでいいと思っています。
靴を作る人、靴教室の先生、みんなやり方違っていることはおかしいことではありません。

先生の言葉で 心に留めている話。
昔の職人さんは工場を渡りながら賃上げしていった話を聞きました。
工場内で同じ作業をしていても、働く職人、全員が給料違う話。

腕が立つと聞こえると、よそから引き抜きされて。
それを何回も繰り返して賃上げしていった話です。
サッカー選手みたいに移籍していく話。

すると最後には、みんな一流ばかりのスター集団の工場に行きつくのだそうです。
そこでは、その人だけが持つ「必殺技」は別として、基本的な動きが「みんな似ている」のだそうです。

この話、技術者としてとても大切にしています。
ありがたい話を教えてもらえました。

「どうして、こう考えているのか」という見方。
それは、とても大事です。

「みんな違うやり方」は正しい。
反面、「上手い人はみんな似たやり方になる」

「上手い人はみんな似たやり方になる」を心に留めて向き合いたい。
簡単なすぐに終わる作業にも、理解がある動き、理解ある形にしていきたい。
デザイン、木型、資材選択、履く人が心地よい靴を作りたい。

-靴作りに想うこと
-

関連記事

手作りという言葉

「手作り」というと、心がこもっている。 作り手の思いが入っている。 そんな印象だと思います。 反対に、市販品は、「手作り品」ではなく「製品」のような印象になると思います。 私の思いですが、 日本製の市 …

デザインの再現性について

靴を作るのに木型に直接デザインを書いて。 そのデザイン線を写して。 写したものを紙に貼って。 それを、調整しながら作るのが型紙です。 立体の木型から得た情報を、平面に入れ込んで。 そして、また立体に載 …

靴の道具の話 ワニについて

靴作りの道具について。 道具を作る職人さんも引退される方が多くなり、 最近では、ずっと使っていた包丁も手に入らなくなって、とても困っているところです。 そのなかでも、ワニと呼ばれる革を引く道具は、数年 …

得意な作業ができるまでの話

製甲(革の加工、組み立て) と 底付け(釣り込み、靴底取り付け) が1級合格時は、今よりずっと技術不足だったと思います。 いまは、随分と技術が向上しました。 合格したものの。 当時は、1級下限ギリギリ …

拝みモカ ローファー

冷え性と靴について その1

靴探しに困っている女性の多くは 冷え性 を慢性的に抱えていると思うときあります。 この冷え性について 私が学んできたことを書きます。 医者じゃないので、参考情報として読んでほしいのですが きちんと書き …