靴職人になりたいと思っている人へ - 白桃花靴店

靴作りに想うこと

靴職人になりたいと思っている人へ

投稿日:2019年9月16日 更新日:

自分の学んでいたころの話。

靴作りを覚えたいのに、一足作った段階で「一足作るのに、これくらい時間がかかった。しかもよく分からない。」が分かった。
そうなると、自習、自分なりの考察を深めなければ、自分の予想よりもずっと覚えるまで時間がかかる。
を逆算することができた。

と言うことで、木型があればできる「型紙」「デザイン」は、とにかく やってやって考察してきました。
先生に習ったことでも、しっくりこないこともある。
先生は、それでできるようだが、俺はできる気がしない。

なんでしっくりこないのか。
それさえも、自分で解決するしかない。
「なんか気持ちわるいから」 という感覚を解決したい。

だから、
「先生に教えられたことだから正しい」は、自分のなかで消化することと関係ない。
自分が理解できるか否かだけが大事。
「先生は、そのやり方で作れる」という事実は、自分が理解することと関係ない。

あの頃、木型を抱いて寝ていたくらい向き合った。
寝落ちするのに、木型を抱いている。
だから、どうして ぐずるのか分かる。
どうして、こうなってしまうのかも だいたい分かる。
自分が何度もやったから。

あの頃からずっと思ってますが、
自分のなかで「これ足りないな」って分かっているのに、
何もしないで「先生から教えてもらう日まで待ってる」なんて思っている時間は何も生み出さない。

できないなりにも、考察することは必ずできる。
「習ってないから、分からない」って、お客さんに言えるのだろうか。
できないなりにも、心がプロなら考察すること、自分なりに検証することはできる。
プロになりたいと思う人には、これを強く教えています。

そうは言っても・・・。
プロになりたいと思ったときは、上に書いたことを「私はやれる」と思うわけです。
気持ちが上がっているからね。
でも、一足作る頃には、「やっぱりムリ」なんて思うかも。

靴作りは、簡単じゃない。
靴の形にすることはできても、靴にするのが難しい。

仕事を辞めるという背水の陣にさせたくないのもあって、収入を得ながら学べるようにしてる。
だから入会金も学費も抑えている。
俺の先生に学んだ靴作りをきちんと伝えたい。
その技術で、靴に困っている人が減るといい。

-靴作りに想うこと
-

関連記事

靴作りに活かしていること

インスタに、スニーカー買ってきたとか、ワークマンで靴買ったとか。 靴を作れるので、なんで自分の靴履かないんだろうと思われたり。 生徒さんからも、ワークマン買うの?とか言われるのですが。 つい2年くらい …

革裁ち包丁は必要なのか

革包丁って、工場で作る場合は必ずしも必要ではないかもしれません。 すぐに組み立てていけるように、最初から合わせて設計されているので、 必要ではないのかもしれません。 私のような極小規模の作り手になると …

得意な作業ができるまでの話

製甲(革の加工、組み立て) と 底付け(釣り込み、靴底取り付け) が1級合格時は、今よりずっと技術不足だったと思います。 いまは、随分と技術が向上しました。 合格したものの。 当時は、1級下限ギリギリ …

ハンドソーンウエルテッド製法 出し縫いの話

製法は、選択肢の一つでしかないので「ハンドソーンウエルテッド」を売りにしていない。 それがために、「あの人は、ハンドソーンできないんじゃない?」と思われやすいのかもしれない。 写真撮ったので、ハンドソ …

自分の木型 作りたくなること

靴学び始めると、自分で削った木型で作ってみたい。 そんな思いが発生する。 木型を開発するのに、 丸太から削り出す人 ベース木型から削り出す人 がいると思います。 多くは、ベース木型から始めると思います …