お客様の靴を作るということ - 白桃花靴店

靴作りに想うこと

お客様の靴を作るということ

投稿日:2019年9月20日 更新日:

生徒さんへよく伝える話。そして、自分自身へ言っている話。

小さな靴屋に相談してくる人は、どこに行っても靴が探せなくて困っている人。
靴で困っていることで、歩くことに困っている。
歩くことで困れば、出かけることもできない。
本当に困っているんだ。

お客様の悩みをよく聞いて、その悩みに寄り添う靴を必ず作る。
技術で解消するんだ。
そう思って向き合わなくてはならない。

オーダー靴を作るのに最も大事なことは、「思いやり」であり、悩みに寄り添うからこそ作るこ
とができる。
悩みを解消したいと思うからこそ、技術を上げるため努力できるんだ。

このことを、いつも伝えています。
履きやすい靴、歩きやすい靴、お客様の足、右足、左足、全てが違います。
毎回、新しい悩み、新しい苦しみがあります。
技術で必ず解決してやる。
その意思で作り上げること。

あなたの靴を履いてから転ばなくなった。
あなたの靴ばかり履いている。
いつもより多く歩けるようになった。
その言葉を受けたとき、仕事をやったと思えるのです。

-靴作りに想うこと
-,

関連記事

デザインの再現性について

靴を作るのに木型に直接デザインを書いて。 そのデザイン線を写して。 写したものを紙に貼って。 それを、調整しながら作るのが型紙です。 立体の木型から得た情報を、平面に入れ込んで。 そして、また立体に載 …

拝みモカ ローファー

冷え性と靴について その3

冷え性の方の足は・・・ リウマチによる強い変形 ひどい外反拇趾 くるぶしが低く、履き口に当たってしまう むくみが強い むくみやすい 静脈瘤がある 足首がパンパンにむくんでいる こんな足の方が多いと感じ …

靴の道具 包丁とワニの話

靴作りで使う道具は、全て加工することを前提に作られています。 Aさんの使い方に合わせて加工する。 Bさんの使い方に合わせて加工する。 これが前提としてあるので、少し余力というか、多めに肉付けられていま …

拝みモカ ローファー

冷え性と靴について その2

冷え性対策って 具体的に何するか。 寝る1時間前の軽いストレッチで、大きく改善すると思います。 ◆左右5回ずつ 2セット 立って、壁に手をかけて。 直立 → 軽く屈伸 → 両足でつま先立ち → 直立  …

革裁ち包丁は必要なのか

革包丁って、工場で作る場合は必ずしも必要ではないかもしれません。 すぐに組み立てていけるように、最初から合わせて設計されているので、 必要ではないのかもしれません。 私のような極小規模の作り手になると …