お客様の靴を作るということ - 白桃花靴店

靴作りに想うこと

お客様の靴を作るということ

投稿日:2019年9月20日 更新日:

生徒さんへよく伝える話。そして、自分自身へ言っている話。

小さな靴屋に相談してくる人は、どこに行っても靴が探せなくて困っている人。
靴で困っていることで、歩くことに困っている。
歩くことで困れば、出かけることもできない。
本当に困っているんだ。

お客様の悩みをよく聞いて、その悩みに寄り添う靴を必ず作る。
技術で解消するんだ。
そう思って向き合わなくてはならない。

オーダー靴を作るのに最も大事なことは、「思いやり」であり、悩みに寄り添うからこそ作るこ
とができる。
悩みを解消したいと思うからこそ、技術を上げるため努力できるんだ。

このことを、いつも伝えています。
履きやすい靴、歩きやすい靴、お客様の足、右足、左足、全てが違います。
毎回、新しい悩み、新しい苦しみがあります。
技術で必ず解決してやる。
その意思で作り上げること。

あなたの靴を履いてから転ばなくなった。
あなたの靴ばかり履いている。
いつもより多く歩けるようになった。
その言葉を受けたとき、仕事をやったと思えるのです。

-靴作りに想うこと
-,

関連記事

心がけていること。

教室には、いろいろな職種の方が集まっていて。 人生で初めて会う職業の方、知らない地域の出身の方、年齢も違う。 そのうえで わいわいキャーキャー言いながら、目線をみんな同じにして。 ゼロから生み出してい …

心に留めていること

靴作りを伝える者なので、「先生これでいいですか?」と聞かれます。 そのことについて、心に留めていることを書きます。 私の教室では、当然ながら「私のやり方」を伝えています。 これでいいか悪いのか、当たり …

革裁ち包丁は必要なのか

革包丁って、工場で作る場合は必ずしも必要ではないかもしれません。 すぐに組み立てていけるように、最初から合わせて設計されているので、 必要ではないのかもしれません。 私のような極小規模の作り手になると …

ハンドソーンウエルテッド製法 すくい縫いの話

すくい縫いとは、細革を手縫いで縫い付ける作業。 ハンドソーン(手縫い) + ウエルテッド(細革)の作業です。 写真のように、中敷きの下にある素材「中底」へ段差を作り、靴の縁になる細革を縫い付ける作業を …

自分の木型 作りたくなること

靴学び始めると、自分で削った木型で作ってみたい。 そんな思いが発生する。 木型を開発するのに、 丸太から削り出す人 ベース木型から削り出す人 がいると思います。 多くは、ベース木型から始めると思います …