冷え性と靴について その1 - 白桃花靴店

冷え性の対策 靴作りに想うこと

冷え性と靴について その1

投稿日:2019年9月20日 更新日:

靴探しに困っている女性の多くは 冷え性 を慢性的に抱えていると思うときあります。
この冷え性について 私が学んできたことを書きます。
医者じゃないので、参考情報として読んでほしいのですが きちんと書きます。

条件
食べたものを可燃材とし、筋肉がコンロとなり、燃やして体温を維持すること。
筋肉は、足が体の70%くらいを持っていること。
心臓から最も遠くまで届く血管は、足の指先。
足の指先から戻ってくる汚れた血液は、重力に逆らって心臓に戻ってくること。
足の筋肉が動くことで、血管を押し上げることになり戻っていくこと。

ということは、
足の筋肉がなくなると、体温を燃焼させる能力が弱くなる。
足の筋肉がなくなると、身体全体の筋肉量が減っている。
足の筋肉が動かないと、血管を押し下げる能力も弱くなる。
足の筋肉が動かないと、血管を押し上げる能力も弱くなる。

もう一つ。
体温が下がってきたので、重ね着する行為について。
体温が維持できている場所ならば、温かさに繋がります。
ならば、氷に毛布かけたら暖かくなるのか。
なるわけがないですよね。

それなのに、靴下重ねて履いて寝るとか言う人いるので どうしてなんだろうと思う。
そもそも冷えている足なのだから、重ね履きで暖かくなる程度は低い。
それどころか靴下の圧力で血流悪くなると思います。

身体の内部から改善するべきです。
筋肉量の改善 と 血流を上げること を考えないと 冷え は止まりません。

-冷え性の対策, 靴作りに想うこと
-,

関連記事

靴作り注意点

鳩目の話

紐穴の金属を鳩目と呼びます。 そして、表面には鳩目が見えず、裏側に金属があるものを裏鳩目と呼びます。 その「裏鳩目」 裏鳩目があるから作りが良いとか、無いから悪いとか。 そんな見方もあるんだなと驚いた …

踵の深さ、ヒールの高さを左右合わせる話

  靴は、正面から見て「この靴いいな」と評価するのですが。 手作り靴の技術は、踵側から見ることで表面化します。 靴は、木型に革を巻き付けて作ることから、木型の形になってしまいます。 木型があ …

革裁ち包丁は必要なのか

革包丁って、工場で作る場合は必ずしも必要ではないかもしれません。 すぐに組み立てていけるように、最初から合わせて設計されているので、 必要ではないのかもしれません。 私のような極小規模の作り手になると …

釣り込みについて

靴木型に革を寄り添わせる行為を「釣り込み」と呼びます。 市販品の靴は、特殊機械で釣り込んで作られます。 当店は、手釣り込みで作っていきます。 釣り込み作業に至るまでの工程から書いていきたいと思います。 …

靴の道具 包丁とワニの話

靴作りで使う道具は、全て加工することを前提に作られています。 Aさんの使い方に合わせて加工する。 Bさんの使い方に合わせて加工する。 これが前提としてあるので、少し余力というか、多めに肉付けられていま …