釣り込みについて - 白桃花靴店

靴作りに想うこと

釣り込みについて

投稿日:2019年9月20日 更新日:

靴木型に革を寄り添わせる行為を「釣り込み」と呼びます。
市販品の靴は、特殊機械で釣り込んで作られます。
当店は、手釣り込みで作っていきます。

釣り込み作業に至るまでの工程から書いていきたいと思います。
まず、企画 → デザイン → 設計 → 型紙。
ここから、裁断 → 製甲(革の加工、ミシンかけ)。
そして、釣り込みとなります。
釣り込みの後は、底付け(靴底の取り付け) → 仕上げ(補色、磨く) → 出荷となります。

工程を見ると、釣り込みは出荷間近の作業です。
このことを強く認識して作業することを生徒さんへ伝えています。

生産性、コストなど、いろいろなことを踏まえて設計されます。
革の伸び、生産性など考えて裁断していきます。
壊れないように、足当たりに悪い影響がないように製甲されていきます。
これらを担当してきた方の思いがあるということです。

そして、「釣り込み」作業とは、これらを壊すこともでき、より良くすることもできる作業なのです。
革を引っ張りすぎれば、靴のデザインのとおりに仕上がらない。
革を引っ張りすぎれば木型を抜いた途端、靴の容積が確保できなくなります。

革をゆるく貼りつければ、靴の容積は管理できない増え方をします。
革をゆるく貼りつければ、靴のデザインのとおりに仕上がらない。
木型のとおりに寄り添わせることができなければ、靴の容積が確保できていません。

そうなると、
木型補正は全く活きない。
補正したことに意味がなくなる。
柔らかい革を使っても、きつく感じてしまう。
仮合わせの靴を作っても、参考にならない情報しか得られない。
設計した履き心地になることはない。
完成間近だけど、最初からやり直しになるかも。
と言えます。

釣り込みという作業は、設計を台無しにしてしまう恐れがある作業です。
だからこそ、お客様の悩みに応えられるよう技術向上が必要です。
手で引っ張る行為は、数値化できません。
数値化できませんが、一枚ごと違う天然素材である革に応じて引くことができます。

手で釣り込んだことで生み出す履き心地があると思っています。
ただ、革を引っ張るという作業ではないのです。
木型補正、革の選択を活かすためにも、技術向上が求められる作業です。

-靴作りに想うこと
-,

関連記事

最近思ったこと

学んでいたころ。 私の先生は、 ○○さんの方が魅せる靴作るよ とか。 ○○さんの方が職人だよ とか。 ときどき教えてくれてました。 そんなこと言われたら、それは見たくなる。 すぐ行く。 結果、俺はそん …

踵の深さ、ヒールの高さを左右合わせる話

  靴は、正面から見て「この靴いいな」と評価するのですが。 手作り靴の技術は、踵側から見ることで表面化します。 靴は、木型に革を巻き付けて作ることから、木型の形になってしまいます。 木型があ …

デザインの再現性について

靴を作るのに木型に直接デザインを書いて。 そのデザイン線を写して。 写したものを紙に貼って。 それを、調整しながら作るのが型紙です。 立体の木型から得た情報を、平面に入れ込んで。 そして、また立体に載 …

靴の道具 包丁とワニの話

靴作りで使う道具は、全て加工することを前提に作られています。 Aさんの使い方に合わせて加工する。 Bさんの使い方に合わせて加工する。 これが前提としてあるので、少し余力というか、多めに肉付けられていま …

靴作りに活かしていること

インスタに、スニーカー買ってきたとか、ワークマンで靴買ったとか。 靴を作れるので、なんで自分の靴履かないんだろうと思われたり。 生徒さんからも、ワークマン買うの?とか言われるのですが。 つい2年くらい …